希少がん告知を受けるその瞬間まで

希少がん告知を受けるその瞬間まで

術後、退院まで順調に回復し、日程通りの退院となりました。

腹腔鏡手術は回復が早いとはいえ

内臓を切る経験が初めてなので、「痛みが少ないですよ」「回復も早くて楽ですよ」と言われても、私の比較対象は出産と、真横に生えた親知らずを抜いた痛みが過去最高値なのでよくわからない(でもって私は痛みの記憶をけろっと忘れているのでね)。

よって私の比較対象は当てにならず…、痛みはもちろんあるし、シャワー浴びるのも小鹿だし、怖くて傷口見れないし…、基本傷口は見ないように、院内を歩いて回復を早めるようにしていた。その時はGReeeeNとファンモン付きで(しつこい)

退院後自宅へ

退院後、自宅へ帰る時は腰を庇うように(腰上部両側を2センチ程切る手術だった)。

うーん、例えるなら、背伸びなんて絶対したらあかんやつ!傷口開いちゃいそうなので、基本猫背で歩き、傷口にバックとか買い物カゴとか当たらないように間合いを取る癖がつき、家でもクッション乗っけて、万が一子ども②が飛んできてもいいようガードを怠らず。

術後診察の日、すなわち告知の日

そう、忘れたくても忘れられない

2012年4月12日

14時頃の予約だった。それは腹腔鏡手術中の迅速診断ではなく、その後の診断結果報告と同時に、傷口を診察する目的で病院へ行く日だった。

いつもは、母は父に子どもを任せ、ついてきてくれるのだが、その日母は「私が家でみてるから、気をつけていってらっしゃい」と言った。

ならば途中でお一人様ランチしてから行こう♪と呑気にイタリアンをお腹に入れ、仕事復帰の日にち聞くの忘れずに、と思いながらバスで病院へ向かった。(母ががん告知を恐れ逃げたと後に知る

余談ではあるが

7年たった今でも、春頃は胃がきゅっとなる日が多い。どうしても「あの日(告知の日の夜桜)」の光景が脳内再生されてしまうから。今までの人生で最も濃厚で、搾かすしか残らないほど、カスッカスになるまで、悩み考え、時に自暴自棄になり、泣いても泣いてもこんなに涙が出るのか、と驚くほど泣き疲れ…

でも検索をやめられず、情報を集めることをやめられず、パソコンに向かい、泣きながら検索した、極濃しぼりの2ヶ月(がん告知から腹膜中皮腫の開腹術に決まるまでの期間)。

今こうやってブログを書いていられる自分。そんな未来が来るなど到底信じられなかったあの日。

すみません、4月12日の日は、濃厚すぎて、一気にかけませんでした。次へ続きます。

by 中皮腫患者 mochi