病編はじめます

病編はじめます

悪性腹膜中皮腫の発見に至るまで

経過について綴っていきたいと思います。

全ては7年前、母の鼻血から始まった

きっかけは、7年前(2012年)の2月の終わり頃

足の付け根上部が、擦れてヒリヒリするなあ…と思った事でした。見ても特に赤くなっているわけではないけれど、でも北風にあたってかさかさになった子供の膝小僧のように、そこだけヒリヒリ。

もともと偏頭痛が酷くて、頭痛と生理痛の時は痛み止め(バファリンやイブ)が手放せなかったけど、まぁ生理痛の重い人は同じよね?程度で深く考えたことがなかった。

ただ、普段感じたことのない違和感だったので、母とのランチで時々話題にしていた。

鼻血で救急車要請

ある日、携帯(当時ガラケー)に母からSOSが入る。朝ごはんを食べて片付けようと炬燵から出た途端、鼻血が止まらない!と。

救急車の要請をお願いしつつ、実家へ駆けつけると、そこには担架に寝かされた血だらけの母の姿が!

水に浸けて絞る前のようなフェイスタオルの水分は、すべて鼻血だった。あんなに鼻血って出るのかと、すごく怖かったし、私がすぐ電話がとれて良かったと心底安心した。

病院での診断は原因不明、血圧が高いことが気にはなるが、出血箇所は焼いて止めたのでしばらく様子を見てください、との事だった。

母から受診をお願いされる

その後、母から私の足の付け根上部のヒリヒリが気になるから、頼むから婦人科で見てもらって欲しい「嫌な予感がする」とお願いされる。

昔から母の「嫌な予感」は大抵当たるし、あの鼻血を見たら、素直に「そうかも」と思ったので、婦人科へ行く事にした。

卵巣を気にしたことがなかった

婦人科の先生が、「ああ、これはかなり育った卵巣嚢腫だねぇ。さっさと切ったほうがいいよ。破裂すると大変だから。今ね僕の知ってる若い腹腔鏡手術の上手な先生がいるから、彼に切ってもらうといい。紹介状用意するよ。」と、まるで虫歯を直すような軽い感じで手術を勧められて、頭の中はパニック!!!

近所の婦人科に行ってから約2週間ほどの3月なかば

婦人科の先生が紹介してくれた、これまた近くの総合病院のI先生に執刀してもらうことになる。婦人科の先生いわく、「婦人科宛」の紹介状だと違う先生が執刀する場合があるから、「I先生宛」に書いたから安心していいよ、と。

総合病院で卵巣嚢腫、腹腔鏡手術決定

結果、やはり卵巣嚢腫で、腹腔鏡手術で卵巣を片方切る事になった。生まれて初めての全身麻酔やお腹を切る事に、

「手術しかないから仕方がない」でも「全身麻酔やっぱり怖い」とか、「入院中の子供たちの事」とか。

とにかく不安しかなくて、入院当日まで散々ネット検索して過ごしていた。

I先生に感謝しかない

腹腔内の画像には、切り取る卵巣とは別に、腹腔内に無数に散らばる腫瘤(のちに悪性腹膜中皮腫とわかる)が見えたそう。「顔つき」が悪いとの判断で、場所を変え数カ所を切り取り病理に回してくれ、写真と術中の映像をとっておいてくれた。

のちにがん拠点病院をいくつか巡る事になるのだが、この判断のおかげで、驚くほど早く悪性腹膜中皮腫の手術決定にいたった。

本当にいま思い返しても、I先生に執刀してもらえて私は本当に良かった。

少ない手札の中でベストを選択するには

たとえ少ない手札であっても、自分でベストを選ばなくちゃ誰も決めてくれない。そして、決め責任は自分にしかなくて誰かのせいにすることはできない。しかも決めるのは「命」についてだ。

後悔するかもしれなくても、決めたら振り返らない。そうやって自分を鼓舞しなくちゃいけない瞬間が、人生にやってくることがあるんだと知った。

この時私は、少しだけど、自分の足で自分の人生をようやく歩み出そうとしていた、これはあくまで気づくきっかけの一つだったと、振り返ると思う。

健気に今日まで怖さと共存してきた自分を褒めてあげたい( ´艸`) 。

病編、今日はここまで。明日はまた沼編を投稿予定です。

ご覧いただけましたらうれしいです。

by 中皮腫患者mochi