デジタル遺産として子どもに遺したい

デジタル遺産として子どもに遺したい

ブログ開設きっかけは子ども

このブログを開設したきっかけについて書いておきますね。

現在子ども②は私が「がん患者」である事を知りません。

いつか子ども①②が成長し、

あの時母は何を思い生きていのだろう?と思う日が来るかもしれない。子ども①には「がん」である事しか伝えておらず、治療の選択等の詳細は伝えていないから、知りたくなる日がくるかもしれない。その時に私が生きている保証は無い。

子ども①②に、父母と絶縁した理由(子どもたちの祖父母だ)、兄による性暴力以外はさっくり伝えている。

いつか「私の本心」を知りたいと思う日が来るかもしれない。

そんな日が来ないかもしれないけれど、詳細を手紙に残すのは、私の生存期間によって「分量」が変わってくるので、そのために都度書き足していける「ブログ」という形、つまりデジタルで遺すのが良いかも♪と思ったのだ。

デジタル遺産で遺すメリット

口づてではないので、私の情報の「書き換え」がおきない。

子どもが自らの意思で、知りたいと思ったタイミングで閲覧できる。

もしその時私が世を去っていて、聞く相手が父母(子どもたちの祖父母)しかいなかったら…誤解しか生まない結果になるのは火を見るよりも明らかだからね。

家族が、知りたいと思う日が「明日」ではなく「10年後」かもしれないし、知ろうと思わなければ頃合いをみて夫にそっと幕を下ろして貰えばいい話だ。

なんといっても、リアルタイム書き続けられることが嬉しい。

人の価値観は常に能動的であるのが好ましく、軸さえぶれなければ、常に自分にプラスになるように、価値観も居場所も「居心地よく」変えていけばいいな、と思っているので。

自分の心境の変化が可視化される事にも興味がある。

さらに最大のメリット

毒親あるある、事実は常に毒親目線で語られ真実はねじ曲げられる。それを防ぐ最大なメリット。

まあ、それについては、私も私の目線でしか語れないので同じなのだが。少なくとも、私が親と絶縁した理由、心の叫び、偽りのない私の本音を、書き残せるのが嬉しい。

もちろん、子どもたちに聞かれた時は、常に絶縁理由を正直に答えているが、将来疑問が湧いたとき、聞きたい相手である私が存在しているかわからないからね。

毒母や毒父の口で、絶縁さえも「がん患者である娘(私)のために、残された時間を無駄にしないよう、家族だけで過ごせるよう、後悔の無いよう生きさせてあげていたの(嗚咽)」

なーんて「美談」に変えられてしまったら冗談じゃないし(笑)!

もし夫と子ども①②を毒親から守るために

未来に役に立つ時があったら嬉しいな。

きっと夫は確実に毒親から「責め立て上げられる」だろう。そして私の悪口「あることないこと」を子ども①②に吹き込むだろう。

子どもたちが傷つかないよう、このブログがどうか、私の家族を守る盾になりますよう…そんな願いが込められている。

私は思う、自分ファーストで生きるべきだと。それはわがままとは違う。

自分を居心地の良い環境におくために、自分に時間を費やしていいのだ。そのために自分ファーストで生きる事が大事だと思っている。

そうする事により感情に余裕が生まれたら万々歳♪。自分の心が穏やかに過ごせると、周りの人にも穏やか接する事が当たり前になり、幸せが増えるのだ。

それを教えてくれたのは夫と子どもたち、だから家族を守ることは私の悲願なのだ。

だからこそ沼は人生に大切で

沼=とことん打ち込める興味、これは人生の必須アイテムだと、本気で思ってる(笑)。

何でもいい、自分沼は自由♪

誰かのためでなく、自分のために「料理」を作るのが好きだったり、新聞を隅々まで読む達成感が楽しいとか、本当に何でもいい、とにかく沼タイムは完全に自分だけの「邪魔されないワクワクする時間」でさえあればいい。

私の場合、推しを思うだけで、心はほっこりするし、沼友(ぬまとも)とはもはや同志を超え共に戦う戦士のようだし。沼から見える景色はそれはもう心躍る人生のご褒美だ!

幸い、夫も私も沼出身なので、いまのところ着々と子どもたちは生粋の沼育ちに思える。私としては非常に嬉しい。沼友もいるみたいだし♡

子どもからみた祖父母との疎遠

子ども①②は祖父母と私が疎遠になった理由を知っているし、理解している。(祖父母に会うことを私は禁止していない、むしろ会いたい時は会っていんだよと伝えている)

これから先いろいろな出会いがあり、疑問が湧き、知りたくなる時があるかもしれない。今子どもたちが聞きたくないタイミングだったとしたら、無理に聞かせる話でもない。

なので、もし将来子どもたちが、私の側面からでしか語れないけれど、「あの時、母(私)は何を思っていたのか」と知りたくなった時に、夫からこのサイトの存在を知らせてくれたらいいな、と思ってます。

価値観は柔軟に、でも軸はぶれないよう

私自身へのいましめと、未来の、それこそ大人になり切った子どもたちが、ふと母親の人生をぽつりぽつり好きな時にでも紐解いてくたら、それもまた乙なんではないかな、

とちょっぴり期待も込めて、デジタル遺産的な意味で記録を残したいと思っています。

by 毒親育ちmochi