孫と出くわした毒母と、私が絶縁を選択した心

孫と出くわした毒母と、私が絶縁を選択した心

孫と出くわした毒母

一昨日(1/13)、子供②が我が家を出たところ、目の前の道を歩く毒母と目ががっつり合ったらしい( ̄ー ̄ )。

それはね、我が家と実家がめっちゃ近すぎるのが原因なのですが…(街でみかけた母の背中

内心「やばっ」と思ったそうだが、冷静に気がついてない素振りで、そのまま毒母の前を歩き数メートル先の角を曲がった。

イヤフォンをしていたから、背後から母が子供②に声を掛けたのかどうかはわからない、でも昔のように肩を叩いて声を掛けるような事はしなかったよ〜。この距離に住んでいるから会っちゃううのは仕方ないよね〜、と言っていた。

毒母は大きくなった子供②に

気が付かなかったのだろうか?

それとも声を掛ける事自体「怖くて」できなかったのだろうか。父と母の最後の印象の子供②は、中学か高校…、制服姿のあの子である。

今現在の私服の趣味も知らないだろうから、気が付かなかったかもしれない…真相はわからないんだけどね。

私も子供②も、毒親に街で出くわす時「やばっ、会っちゃった」と思うけれど、その気持ち以上の感情がもう湧かなくなってしまった。

昔は、罪悪感や寂しさ、やるせなさ

そんな心細さに押しつぶされそうになる日もあったけど、今は単に「面倒」としか思わなくなってしまった。

子供②は言っていた、お互い会っちゃわない方が平和だからね〜、と。子供たちには申し訳ないが、私も同じだわ。

毒親はお正月に松一家に遊びに行き、一言も私の名前子供たちの話題も一切出さず「楽しく過ごした」らしいけど。(私の存在を消し、親戚付き合いを再会した毒母

本当そんなんでいいの?大丈夫????と呆れつつも、彼ららしく、笑ってしまった。

私が何を思い絶縁を選択したのか、

なぜ絶縁を選ばなくてはいけなかったのか、なぜ父と母と兄を頑なに「拒絶」し今を生きているのか。

そんな私の気持ちを聞く気は全く無いようだ。

漏れ聞こえてくる父と母の言葉からは、やはり毒親が望むのは「私からの謝罪」なのだ。

彼らは「親」であるスタンスを死守したいのだろう。

親なのだ、子供に謝罪することなど、彼らの弱いハートでは耐えがたい屈辱なのだろう。

幾つになっても生き直せる

私はそう思いたい。

毒母による洗脳と共依存により、正常な判断力を持ち合わせていなかった私は、子供たちにとっても「毒母」であっただろう。思い当たることはたくさんある。

毒母との依存関係から抜け出す事、これは洗脳状態の私には「とてつもない恐怖」であった。

一人で歩いていく自身が全くなく、大嫌いな母、でも私は母の掌にいないと生きられないと思っていた。

でも死ぬ気で抜け出したら、見える世界がガラリと変わった。

世の中はキラキラと輝いて見えた。大袈裟ではなく、本当に。

伝えなくちゃ、謝らなくちゃ、変わらなくちゃ私

私のダメさを子供たちに正直に伝えた。

私の心が弱かった事。毒母の依存が辛く、そのストレスからきつい言葉を投げつけた過去の様々を、思い出す限り話した。

そしてそれら全ての態度は「私が全て悪い」のであって、子供たちは何も悪く無い私の幼く弱い心招いた罪だと。

許してくれと言わない事も伝えた

そんな図々しい事、口が裂けても言えない。

今後は「後援会会長」として「カネは出すが口は出さない」をポリシーに、応援をさせて欲しいと。

謝るのはあくまでも「私の自己満足でしかない事」を肝に銘じて今話をしてると、子供①②に伝えた。

今では、過去の私の様々は「笑い話」となっている我が家。

子供たちの懐の大きさ、優しさ、深い愛情に、感謝しかないの。本当に。

私は子供に惜しみない愛をもらい、

やっと自分弱さと向き合い、自分の足で立つ勇気、生き直す今の私に「生まれ変われた」のだと思う。

本当の「心が繋がる」という経験をできたから、私はもう大切な人たち傷つける事はしたくない。その人たちを守るために私は「毒親と絶縁する事」を選んだのだ。

今の我が家を、雰囲気を、ふわんと柔らかなのほほんさを感じては、つくづく毒親と絶縁してよかった。

ホントにしみじみ思う♪

なんて事を考える出来事でした。

by毒親育ちmochi