だんだん追い詰められる私の心

だんだん追い詰められる私の心

引っ越して追い詰められていく私

知り合いが1人もいない見知らぬ土地へ引越しをし、家族全員が新しい環境に慣れるべく、各々のフィールドで頑張っていた。

環境の変化に家族全員が四苦八苦

父母は、共に生まれ育った土地から遠く離れた団地で、乳幼児を育てることを余儀なくされ、少し慣れて人の輪が広がってきた時に、さらにそこを離れたのだ。

父母が二人で戸建て購入を決めたのだが、その選択は、またもや知り合いのいない場所で、ゼロから人間関係を作り上げることを意味していた。

私も環境に溶け込むのに必死だった

母は「品格」を追求する人だった。したがってテレビは1日1番組。しかもPTAが不安と判断するような番組は見せてはもらえない。

流行りのアニメの歌を私一人だけ全く知らない、テレビ番組の会話に入れない。お友達になる「とっかかり」のストックを持ち合わせて無かった。

そして毎日発表会に出られそうな、フリルやリボンやレースなどの装いが、学校の中で「浮いて」いた。

みんなが着ている「普通」の洋服を着て学校に行くことは、母の「地雷」だったので、からかわれるのが辛かったが、砂を噛む思いで、服の袖を通していた。

せっかくお友達ができたのに

母は放課後遊びに行くことを嫌った。クラシックは音が出るから、夜に練習して欲しくないと言った。※私が習いたいのではなく母が習わせたかった楽器だった※

お友達に「迎え」に来てもらえば遊びに行けるかも!と試みたが、友の目の前で「お前はサボること」を考えて「浅ましい」と、金切り声で怒鳴られ、掃除機の吸い取り部分で何度も殴られた。

お友達が怯えて泣いて帰ってしまったほどの「激しい怒り」の感情の爆発。翌日からお友達がよそよそしくなり、そっと距離を置かれていった。

10歳にして、生きることに疑問を持ち始めた

母は「あなた将来のため」に「あなたを愛している」から「より良い人生」のために教育を行っているのだ。だからあなたは親の言うことを黙って聞いていれば間違いはない。

本当に困った時、助けてくれるのは友達でも親戚でもない「親」なのだ、と繰り返し繰り返し、言い聞かせた。

お友達とコロコロ笑ったり、喧嘩したりしながら、宿題面倒なんだよねー、じゃあ一緒に片付けちゃおうよ、なんて「普通の放課後」は、叶わなかった私の小学校時代。

学校から帰ると、習い事の練習と、宿題と、別のドリルをする。

冬は日が暮れる前に洗濯物を「自主的」にしまい畳む。雨戸を「自主的」に閉める。お米を「自主的」に研ぐ。

これらをこなしても、母が怒ることは止まず、暴力はすでに日常化していた。

10歳にして「生きる」ことに意味を見出せなくなり、疲れ始めてきていた。学校も居場所があるのかないのかあやふやな状態。

本当に困っていても、助けてくれそうにない「父母」。

部屋に入ったら出てこなく、リビングで顔をあわせると無言で睨みつけてくる兄。

追い詰められたある日

家でも学校でも、緊張し張り詰めて生活していた。

ふと、私がこの世から消えたら「お母さん困って泣いてくれるかな」と思った。一度、一度だけね、縄跳びを鴨居にかけて、試そうとした日がある。遺書も書いた。でも、ほどけてあざを作るだけで終わってしまった。

その日からだんだん反抗する心

次第に、私も叩かれたら、親に掴みかかるようになった。恐怖心が上回って、攻撃されたら、反撃を開始しろ、と私の本能が訴える。

一度感情が爆発すると、親に対し「大声」で「わめき」「暴れ」そこらにあるものを手当たりしだい、投げつけた。

所詮、子どもである。すぐに押さえつけられる。でも反抗心はますます増していった。母と同様、私もまた家の中では、感情の押さえが効かなくなっていったのだ。

緊張を強いられる食卓

母は料理上手で、綺麗な「洋食器」に、レストランで出てくるような夕食を作る時があった。

しかし、ナイフフォークで不快な音を出したり、「手が込んだ」料理を提供しているのに、母の想像と違う感想を述べたりすると、途端に「泣き」「喚き」「母親なんていらなんでしょ」と始まってしまう。

母と兄と私しかいない3人の食卓で母が癇癪を起こすと、「いいかげんにしてくれ」と叫び壁を殴る兄、「喧嘩しないで」と泣く私。全くもって「だんらん」の気配など微塵もない、薄い氷の上にいるような危なっかしい、晩餐。

アンバランスになっていく心

学校では、ニコニコしていたと思う(多分)。家には、感情の抑制の効かなくなった母と兄と、そして私。不在がちな父の記憶は薄い。

徐々に私は、本の世界に「逃げる」ようになっていく。

漫画は許されていなかったが、本の種類に規制がないのは幸いだった。

本の世界にいるときは、家族との争いから心が一旦離れ、しばし何も考えずに没頭できた。

疲れた心を休めてバランスをとろうとしてのかな。

ふう、思い出すと思ってたよりハードモードだな。

親は子どもを選べない、逆もまたしかり。

でも、月並みだけれど、痛みを知っている分、少しは人の心を理解する幅は広がったかな。経験値アップ的な?

もし過去の痛みが、私の大切な人たちの気持ちの理解に、少しでも役立ってるのなら、まあ、それもまた「人生」ってやつのかな?

by 毒親育ち mochi