暗黒時代の真っ只中

暗黒時代の真っ只中

思い返しても暗黒時代でしかない

曖昧で、薄ぼんやりとした、小学校高学年〜中学の記憶。特に「あの家」での記憶全般。

誰かがイライラしては、怒鳴る毎日

家庭内の空気は「どす黒い感情」がそこかしこに転がる日常。もはや家族全員が常に戦闘態勢、「笑顔」「安心感」などは微塵もなく、

なのに夢のような未来を語る母

機嫌の良いときは、楽しそうに「未来の家族」について語るのだ。兄は有名大学にはいり、私は女子大か音大にいくのだ。

その頃には父も本社に戻れるだろうから、二世帯住宅を購入し、兄は一部上場企業に就職し、実家から通勤し、将来お嫁さんを貰い同居すればいいと。

私は、できれば「手に職」をつけ、自宅で教室をするのだと。結婚に関しては長男以外、そして孫は女の子が良いと語った。

兄は高校受験を控え

相変わらず家で無言で過ごし、高校受験もこのままだと「制服」で「ばれちゃう」学校しか入れない。そこで母は、どこから探してきたのか、スパルタな(今だとコンプライアンス的にありえないけど)塾へ兄を放り込む事を勝手に決めたのだった。

塾の先生が一度自宅へ来た。

怖かった。

やる気などどこにも見当たらない兄の胸ぐらを掴み「甘えてるんじゃない」「いいか、俺が預かるからには甘えていられないからな」と凄んだ。お気の毒に、涙目だったよ兄。

結果は、想像通り悪化の一途。

ますます母に憎しみのこもった目を向け、無言で過ごす兄。時々私の部屋に来ては「お前は女だから甘やかされていいよな」と、兄と私の待遇の違いの不満を、吐き出したいだけ吐き出すと、また部屋に籠るのだ。

私は「パンドラの箱」にせっせと災いを詰めていたのだ

その頃私も中学生だった。

相変わらずぼんやり覇気を失ったまま、たんたんと過ごしていた。高校受験を控え、残念ながら私も兄同様に、母の思うような成績ではなく、焦った母は、スパルタ塾に私も放り込んだのだ。

もう地獄、あったよここにも竹定規。

なんだろう、50センチって叩きやすいのだろうか?

後述になるのだが、この頃ある出来事があり、私はそれを30代で母に聞かれるまで、全く覚えていなかった。本当に、一ミリも覚えていないまま、20年ほど過ごしていた計算になる。

そう、私自身に降りかかった「災い」をせっせと「パンドラの箱」に詰めては必死に蓋を閉めてたのだった。

恐怖を再現するような思いは、脳が意識的に忘れさせる、とドラマや本で知ってたけど、私もそうだったとは思いもよらなかった。

家族4人で住むのは私が中学生の時に終わった

高校生になった兄は、友達ができたようで、少しづつ口数も増えたような気がする。相変わらず、怒りを壁や家具にぶつけてはいたけど、回数も減ってきていた。

私が高校受験を考える頃、今度は兄の大学受験があった。

タイミング悪っ…て思うけど、その時期に父の転勤も決まった。

兄の受験までまだ一年ある時期に、父は転勤が決まり、家族4人全員で「父の実家」で同居したい希望を私たちち告げた。

母は「同居」以外は、家族でそのタイミングで引っ越すことに賛成した。

兄は、友達と一緒に地元の大学に進学し一人暮らを希望した。

私に関しては、選択肢は持たされず転校一択。

父が単身赴任を決めるまで

主に、父母と兄の意見が真っ向から対立した。

もう、みんなが譲らない、人の話を聞かない

話し合うんではなく、言葉でねじ伏せるのだ。だから会話になど全くならない。各々が、自分の意見を通すために、「喚き散らし」「怒鳴り声」で主張を述べるのだけなのだ。

大人しく会話する事など秒で崩れ、必ず兄が暴れ、それを父が抑える。そこを母がネチネチと嫌味で「責める」、私「いい加減にしてくれ」と泣く。

結局は兄が暴れすぎて、最終的には、大学受験までの一年は父が単身赴任、兄は地元の大学へ進学し一人暮らし。ここまでなんとか決まった。あとは母が「同居」を飲み込めない問題が残った。

一度目の転校で懲りた私は、またもや知らない場所で高校生から始めるのだ。ただでさえお年頃で揺れ動くのに、不安が大きすぎて途方に暮れていた

一人暮らしが決まった兄は、すこぶる調子が良くなっていった。

それを憎々しげに横目で見ながら、母は、兄、父、父母の親兄弟、親戚、これらの愚痴を私に永遠と垂れ流しては、デトックスするようになる。

話の濃さが、今までは「子供向け」だったのが、「大人向け」バージョンになり、より具体的に愚痴を聞かせるのだ。同じ話を何度も、何時間も。

自室に戻り勉強をする(受験生だから)というと、癇癪を起こし「お前は冷たい」「母をかわいそうと思わないの」「優しくない子だね」「こんなんだから頭が悪いんだ」と責める。

私の心に「黒い感情」が溜まっていくのが怖かった。

暗黒時代もいよいよ最高潮へ

確実に母は心のバランスを崩していた。母の立場で考えれば、実際、大変だっただろう。

気を使わなければ、ドアや壁を殴る息子、転勤とともに家を買い換えたいのに、同居を打診される苛立ち。

あれ?おかしいくない?父は長男なのだ。長男に嫁ぐものは同居するのがルールだったんじゃ?って心の中では突っ込んでたけど(笑)。

そう、母は、自分が嫌で仕方のない苦労を、子供も味わうべきだ、じゃなきゃ不公平だわ、と考える。

だからとっくりとっくり、過去の「悲惨な生い立ち」を私に聞かせ、「お前は幸せだ」「私は同じ苦労を味合わせたくない」「私はずっと愚痴をきかされて育ち辛かった」、と言っては「私に」愚痴を聞かせていたのだ。

過去の事実を変えることはできない

しかし、過去を自分の経験値として取り込み、自分をバージョンアップするために利用することは可能だ。

「嫌だった」過去の出来事は、結局自分自身で飲み込み、乗り越えていく以外、誰も自分を救ってはくれないのだから。

母もそこに気がつけたなら、随分と生きやすかったんじゃないかな。

だから私は乗り越える

過去の辛かった自分の思いを、いろいろな経験から、多方面で物事をとらえる私へと変えてあげたいのだ。

しつこいようだが、まずは、自分の心がどのような状況なのか。

その情報を集めるのだ。似た境遇の方の、エッセイやブログなどをSNSで入手するのも良いと思う。そこで、自分の心に「しっくり」きた情報を、何度も噛み砕いて理解を深めるのだ。

己を「理解」することから始めるのだ。「不安」や「怒り」を持て余し途方に暮れている人は、まず、その気持ちがどこからやってくるのかを突き止めよう。

自由になる、はじめの一歩。

自分をよく知る

これにつきる、まずは「負」の感情の源を突き詰めよう。それができたら、絶対に自分の心に変化が起きるから。

人間って結構たくましいものなんだよ。

かっこいいよ、がんばったね、自分って

いつか思える日がくるまで、

一つ一つ、心を解いていくのだ。

by 毒親ちmochi