毒と怒りと悲しさと

毒と怒りと悲しさと

毒母の罠にかかった愚かな私

「役に立たない娘」であることに「罪悪感」を感じ、より一層母に寄り添うようになってしまった。それ以外、自分の「罪悪感」を沈める方法が思いつかなかったのだ。完全なる洗脳と共依存の関係だ。

二人目の子供が生まれ、つかまり立ちをするかしないか、そんな頃、家を購入しようと夫と話し合っていた。

私たちは水辺のエリアや、公園の近く、そしてなにより無理のない範囲でのローンを組めるような場所を中心に、モデルルームを巡っていた。

毒母である母は、

私の行動の全てを把握していたい母

母抜きで私たち家族が楽しむことに「苛立ち」「嫌味」で、楽しい気持ちに水を指すのが上手だ。

ある昼過ぎ、実家に呼ばれた。

お願いがある、と

兄は海外で永住権を手に入れているので、もう日本で住むことは考えにくい。

お願いだから、マンションの頭金を払うから、頼むから近所に住んで欲しい。同居など望んでいない、ただ側にいてくれさすればいい、

泣いて、手を握り、懇願された。

無理だ、心細く涙を流し、心なしか小さくなった母の姿をみて、共依存関係にある私にどうして断ることなどできただろう。

むしろ、「今こそ母の役に立つ娘」になれるんだ!と快諾さえしてしまったのだ。

自分で決めた事とは言え、いまだに近所に住んでいる私は本当に後悔しても仕切れない、高額な買い物をしていしまったのだ。毒母の心を満たしてあげるために。夫のお小遣いを減らしてまで…

初めのうちは本当に母は満たされ、浮かれ、幸せそうだった。その顔を見て、私もこの選択はあっていたのだ、とほっと胸を撫で下ろしていた。(詳しくはこちらから↓)

「役に立たない娘」という呪いの言葉

まさか、

「家の頭金」という「印籠」を

最大限に振りかざすようになるとも思わずに。

そこから先はもう、毒親あるあるだ。

父と二人の食卓は寂しいといって、「毎日」実家でご飯を食べることを強要する。しかし、母が疲れている時は、イライラし、私の子供たちに「あたる」のだ。

父方の祖父母同様、子供たちも次第に祖母(私の母)の顔色を伺うようになっていった。

私は焦っていた

自分に誓っていたではないか、「母のような母にならない」と。しかし祖母が子供の側にいることまでは、想像していなかった。

なるべく接触しないよう、理由を作っては、夕飯を共にする回数を減らす。母からメールで催促、断る、毒父から「おかあさんが寂しがっているから、きてやりなさい」、それも数回に一度断る、

たらたら距離を置いていたら毒母が吠えた

「誰のおかげであんたはマンションに住めてると思ってるのか」「お前たちには感謝の心というものがないのか」と。

一度など、孫である子供たちの前で、私と夫を罵倒した。聞かせたくない罵詈雑言。部屋をかえて話そう、と懇願したが「本当のことを言っている、本当のことを聞かせて何が悪い」「嫌ならお前たちが怒らせなければいいだけだろう」と。

ふぅ、綴っていて気が遠くなってくる。出来事については、捨てたい記憶なのに、たんまりと残っている、ここに綴っているのは氷山の一角の出来事だ。

どうだろう「普通」の家庭では

出ない会話ではなかろうか?毒親の家庭では残念だが、これが日常だ。

耐えきれず、私は一度目の「絶縁宣言」をした

子供への影響が心配だった。母がきつい言葉を子供たちにぶつけると、幼い頃の私が顔をだし、焦って、言うことを聞かせようと、私もまた子供たちにきつく言って聞かせてしまう、負のバトン。

止めたくて、電話で「距離をおきたい」ことを告げた。こちらから電話をかけない限り、電話してこないで欲しいと。

5日後、マンションのポストに「アメリカ・インディアンの教え(加藤諦三著)」にしおりが挟んであり、毒父の字で「子育ての参考になると思うよ」と書かれていた。

うん、知ってる。

それずっと前に読んだよ私も。怒りで手が震えた。

父が本当にこの本の内容を理解しているのだとしたら、この本を私に送ることなど、滑稽すぎて、できるはずもない。毒父はやはり毒親だ。

寂しさとともに、やはり拭えない気持ちが込み上げてくる。

子供を産むことは誰でもできる

子供の心を育むことができないのなら、なぜ私をこの世に生み出したのか、辛さも寂しさも怒りも屈辱も、受け入れるのは毒親ではなく「この私」。

これを理不尽と言わずして何と呼べばいいのか

与える愛を持ち合わせないものが、愛を必要とする命を世に生み出してはいけないのだ。

なぜこんな酷い仕打ちを、一体いつまで私は心をえぐられ続けなければいけないのだろうか。

だめだ、怒りで頭がうまく回らない。私は本をそっとマンションのゴミ箱に捨てた。

by 毒親育ちmochi