娘が、がんと知った時、母は「私の老後がなくなったのね」と言った

娘が、がんと知った時、母は「私の老後がなくなったのね」と言った

娘が「がん」とわかり母は私の老後がなくなったのね

そう、毒母は間違いなくそう言った

ん?私が代わってあげたい、とか、私の心や体調を心配するより前に、母自身の老後の不安が真っ先に口に出る?

くう、かなりの毒親っぷりで気が遠くなりそう…でもね、その時の私は「共依存」であり「洗脳状態」だったから、母の期待に答える事ができない自分が不甲斐なく、母に申し訳なく思った。

我が子である、子供①②と夫に対する申し訳なさよりも先にね。洗脳されていた私も相当異常だったと、振り返ればわかるが、あの頃は気が付けなかった。

振れ幅の大きな家庭内

そう、私の育成環境はいびつだったと、今ならわかる。金銭的には、裕福とまではいかなくても、十分にしてくれたけれど…

夫婦喧嘩や怒鳴り合い、ときには私や実兄(毒兄)に暴力を振るう。

噴火するほど怒ったかと思うと、天使のように優しく地雷に一貫性がないから、正解が何だかはよく分からないけれど、とにかくお母さんを怒らせないようにしなくちゃ、が命題だった。

夫婦喧嘩が怖くて、兄が耳を塞いでいてくれた幼い頃の記憶もある。

父がよく「母は瞬間湯沸かし器だから」と言っていたが、本当にそんな感じ。母はスイッチが入るとブチ切れ、父を巻き込み誰彼構わず当たり散らす。

当然その黒い感情は父へ伝わり、結果両親から怒られ(もはや八つ当たり)、叩かれ(事実上のサンドバック)、何の理由で怒られているのか、もはやわからないが謝ることでしか、怒りを沈める方法が分からないので、必死で泣いて謝った。

母が憧れた習い事の数々

本当に私がしたいこと、ではなく母の憧れていた「お稽古ごと」。これを私自信がやりたいと言ったから習わせてあげた、という物語にすり替え私に思い込また母。

やりたくない習い事を延々10年ほど、怒られながら(興味ないから先生も怒るし呆れるし)、やめたいと訴えても「あなたが習いたいと言って始めたんだから中途半端に投げ出しちゃダメ」と怒られ、やめさせてもらえない。

父に訴えるも「お母さんも頑張ってるんだから、もう少し頑張りなさい」と勧められる始末。一体母が何を頑張るというのか???父は、母とのいさかいを避けたいだけなのだった…(ずるいなぁ)

あなたは幸せよ、という洗脳

「こんなにしてもらえてあたなは幸せなのよ」「感謝するのがあたりまえ」と繰り返し、飴と鞭で洗脳され、

気がつけば母の言うことは間違いがない、母の言うことを聞いていれば母はご機嫌でいてくれる、

母の望むようにできない私がダメなんだ、と立派な「依存」状態に洗脳されていった。

でもそれが普通と思っていた。毒親なんて言葉知りもしなかった。

腹膜中皮腫という希少がんの宣告を受けた日ですらこの返答なのにだ。やはりおかしいよ、お母さん。

お墓参りが大好きな母

お盆、お彼岸はもちろん、月命日も私たち家族を伴ってお墓参りをしたがる母。遠縁の親戚も入れて、三箇所めぐる。一箇所すごく混むので、朝6時に車に乗り込みお墓へむかう。毎月1回から2回はお墓参りへ…

みんなそんなに行くの?多くはないかい??

※夫家のお墓は、このお墓ツアーの1箇所から5分ほどの場所にあるのだが、夫の事を忌嫌い下に見ている毒母より、「夫家の墓参りに行きたいなら別の時、あんた達だけで行きなさい、ときつく言われているので一度もこのツアーにオプションは付かなかった。

墓守として孫を養子にしたい、と言われた

まだ私のがんがわかるずっと前、子供①②のどちらかを「養子」にほしい、と相談されたことがある。

「何で?!」と聞くと、

毒兄は独身、今後結婚したとしても子供は望めないだろう(海外に住んでるし)。そうなると父方(父は長男)の墓を継ぐものがいない。名字も絶えてしまう。

だから、二人子供がいるあなたのところから、一人養子にほしいの、考えてみてくれない?と話を持ちかけてきた。

えーと、おじいちゃんとおばあちゃんが、「父母」になるんだよねえ、いやそれはないわー、と断ったが、数回打診されたので結構本気だったのだろう。

(怖いよぅ、墓守のためって、うち普通のサラリーマン家庭じゃん…すんごい土地持ちとかでも、会社経営してるわけでもないよ…マジで)毒親の本領発揮ってところかな、

先祖代々の土地と墓と名字を継がせたい母

なぜ母がそこまで墓守と後継ぎを欲しているのか、私には理解できないが、長男の元に嫁いだらそれが義務であり、つとめなのだそうだ。もちろん親の介護もセットで。そして「親の介護をした人が全財産もらえる」ルールらしい、

孫(私の子供①②)に何か買ってあげるたびに

「おばあちゃんと仲良くしてたら、こうやってまた好きなもの買ってあげるからね。だからおばあちゃんが一人になったら面倒見てね。そしたらこの土地全部あげるわよ、うれしいでしょう?」(いや、本当普通の家庭だからね、何なら家も古いしさ…)

などと私も子供①②も毒母によくきかされてた…お母さん、本心はね私も子供①②も嫌がってたんだよ、割とまじで怖くて引いてたの…あのねっとりした執着は怖くてかなりヤバかったからね?

毒兄は日本から早々と逃げた

そう、毒兄は私が物心ついた頃にはすでに、呪詛のように「あなたは長男」「あなたは後継ぎ」「家を継いで同居するのよ」と言われまくっていた。

毒兄とそのことで話し合ったことはないが、家庭内がゆがんでいておかしい、ヤバイ、と言う話はしたことがある(母が原因=毒親である事は共通認識済み)。

毒兄はアラサーで日本を飛び出し、「長男」の呪縛から一抜けた。

そこからだった、跡取りに関して急に私にシフトチェンジをしたのだ、内心「チッやられた」と腹立たしかったし、面倒になるなと暗澹たる思いだった。

外では面白くて品のある母

その人物像は多分今もぶれてないと思う。

母は、他人には菩薩のように「いい人」にしか見えない…優しく思いやりがあり謙虚な人にうつる。

想像するに、「菩薩」を演じるが故のストレスの発散が、身内になっていたのだろう。ありがちだけれど、誰得でもない負のループ。

私からみた実像を友人やいとこに伝えても判で押したように「うそだー」と返ってくる。本当に「いい人の母の部分のみ」で接して意いるのだろう。毒親だなんて、毒のかけらすらこぼさないからね…

続きます。

by 毒親育ちmochi