母を父を、毒親と呼ぶ切なさ

母を父を、毒親と呼ぶ切なさ

好んで、両親を毒親と呼んでいるわけではない

通常の家庭での「しつけ」「教育」とは根本の異なる、

例えるならば反撃できないと分かっている弱い子供をターゲットにする悪質な「いじめ」が、家庭内で起きている状態。

暴力であろうが、暴言だろうが、無視だろうが、自力で生きていかれない年齢の子供に行うのは「虐待」以外の何物でもない。

ではなぜ「毒親」「毒父」「毒母」と私が呼ぶのか

幼かろうが、自尊心はある。しかし「毒親」は子供が自分の力で手に入れた喜びをことごとく「打ち砕く」言葉を投げつけ、心を折り続けるのだ。

そして「毒親」は、自分の心が傷つくこと、ストレスに対してことごとく弱い。

だから、横でのほほんと本を読んでいる幼き我が子に「あんたは気楽でいいね」と言葉で傷つけ、同じ土俵へと引き摺り下ろすのだ。

「幸せになろう」と思っていたはずが、気付けば「同じ位置の不幸のラインで並ぼうよ」とひっぱり、その場へ立たせるのだ。

何度か、父と母と「話し合い」を重ねてきたつもりだった

あの頃は、話し合っていると思っていた。話し合いとは、互いの意見を交換し、より良い関係にするために、理解を深め、落とし所を決める事なのではないだろうか。

残念ながら「毒親」家庭では、決してありえないことだが。

「親」は誰よりも偉く、家族の頂点に君臨しているのが「普通」であり、「親」と話し合うことは、「親に意見(文句)」をいうことと考える。

いま、アラフォー、アラフィフ、になり心の不調を感じ、

親が「毒」だったんだ、と気がつく人が増えているように感じる

実際「毒親」関係の書籍、SNS発信が15年程前に比べて格段に多く、「毒親」という言葉の認知が広まった気がする。

私の世代の親は、「親」は絶対的な存在であり、子供に舐められてはいけない「教育」、を実践してきた世代だ。それに異を唱えるつもりはない。

ただ、普通の家庭と、「毒親」家庭での、「親」は絶対、この教育の意味が違うのだ。この絶対には「愛情」が含まれない。ただの剥き出しの怒りで、恐怖を植え付けるのだ。

「だからお前はダメなんだ」

この言葉が心に刺さってずっと抜けずに、傷を抱えながら社会へ出なければならない。

じゃあ、社会へ出たらどうだ、

少しの失敗や、人の言った何気ない一言に、裏の気持ちを考え、正解がわからないまま、常に正体のわからない「不安」を抱え、自信なさげに生きていくのだ。

父の生まれた時代背景、母の生まれた家庭環境、

当時は結婚し家庭を持ち子供を産んで一人前という社会的価値観、子供は二人ないし三人、そして家を購入する。これが幸せのモデルケースだったのだろう。

だから、女性は専業主婦になり子供を育て、男性は高度経済成長期に残業を物ともせず働き、日本の社会を支えた歴史があって、現在があるのだ。

今のように、情報が手軽に手に入ったり、相談する窓口なども、存在を知らなければ相談すらままならなかっただろう。

そしていつの時代にも付き纏う「今の若い人たちは…」この言葉にプレッシャーを感じながら、きっと一生懸命育ててくれたのだろう。

ただ、決定的に不足していたのは「愛を育む」ことだ

これがあれば、人は何とか生きていける。我慢もできる、人に優しくできるし、努力する喜びや、お手伝いさえ嬉しいことなのだ。自主性が育つのだ。

私は、母に何度か伝えたことがある。「私の気持ちを想像してみてくれなかな」「責めてるわけじゃなくて、嫌だと感じる気持ちを理解してほしい」と。

だがこれが難しい。母は、いつも、自分が「責められてる」「ひどい、一生懸命育てたのに」「お金だっていっぱいかけたでしょ」となる。論点が違うのだ。

環境が人を育てる、という言葉もある

母もきっと、私同様、親の愛を欲していたんだと思う。

だから歳をとり、母親(私の祖母)が亡くなっても「あの時こんな仕打ちをされた」「ひどかった」「されたことは忘れない」と、私に同じ話を繰り返し聞かせるのだ。消化できない感情を抱え続けているのだろう。

わかるよ、お母さん。私も同じだから

世の中に立派な人や、優秀な人は、沢山いる。

お母さんが、お父さんが、「ありのままの私」を「愛して」くれて、立派で優秀で人でなくても、生きていてくれるだけで、それだけで幸せ、と思ってくれていたなら、

世界中で、親だけは何があっても私の味方でいてくれたなら、私もきっと幸せだったんだろうね。

でもね、お母さん

悪いことばっかり、並べて、いつまでも「黒い感情」に取り憑かれ続けるのは、人生もったいない、って皮肉にも「悪性腹膜中皮腫」になって目が覚めたんだ。

いつ別れがやってくるかわからない「実感」が襲ってきたの。

ねえ、あなたの人生の大切なものはなに?って

決心したんだ。それこそ断腸の思いで、つらかったよ。

毒父、毒母、つまり「毒親」とはきっぱり縁を切る。

私は自分を大切にしたい。私を必要としてくれる人たちに、ちゃんと答えたい。家族をちゃんと愛したい、自分の人生を愛して生き切った、そう思える人生に変えたいって。

だからね、もしお母さんとお父さんの心から「毒」が抜けて、見える景色が違ったら、もしかしたらいつか再会できる日がくるかもしれないね。

相手にされて嫌なことを自分もしちゃいけない、って言うけれど

愛されたいなら、先ずは相手を愛さなくては何も育たないと思うんだ。

今日も春らしい陽気で、少し心がキュッとしたな。

by 毒親育ちmochi