毒親の期待する「円満な家庭」とは?

毒親の期待する「円満な家庭」とは?

絶縁宣言をし「私は」きっぱり縁を切ったが

そうそう毒親が私を離すはずがないのは、想像に難くないだろう。

その後、私のスマホと家の電話は着信拒否をした。夫と子供①と②には、自主性に任せる事にしたので、今現在もどうなのか、聞いていないのでわからない。

毒親と毒兄が話し合ったのか、それもわからないけれど。(話し合い、詳しくはこちらからどうぞ↓)

私から毒親を捨てた日

まずは、父の傘寿だが、いとこから聞いた話では、

確かに兄は一時帰国し実家に泊まったそうだ。そして問題の土曜か日曜に(どちらかは忘れた)、いとこ宅に父、母、兄、で遊びに行ったそうだ。

兄はたまに、永住先から海外へ出かける

他の国、そして日本に戻るときは実家に「1週間」宿泊する予定でチケットを手配するが、100%の確率で2〜3日ほどで、母と大喧嘩をし、大学のあった「兄にとっての地元」の友人宅から、永住先の国へと帰っていく。

母と兄も、残念ながら3日と一緒にいることが出来ないのだ。気持ちは理解できる。母が予定をぱつんぱつんに詰め込みすぎるのだ。

母は1週間の兄の時間全てを

実家に費やして欲しいのだ。墓参り、親戚廻り、そして毎晩宴を開きたい。

兄は単にホテル代を浮かせ、懐かしい友人と飲みに出かけたい。連日宴を開かれては、友人と会いにすら行かれない。

兄が出かけようとすると、母が「怒ってます私」オーラを全開にする。オーラをキャッチした兄が苛つき始める

初めは我慢し母の言葉をスルー。それがまた、母の癇に障る。

言い合いが、怒鳴り合いになり

「もういい!いい加減にしてくれ。わかった、(永住先)帰る」「帰りの飛行機の日にちまで、まだあるじゃない」「地元の友達のところに泊まる。俺は母さんとは合わないから」

笑ってしまうほど、定型なのだ。毎度寸分違わず同じ繰り返し。

結局、傘寿を、兄も一緒に祝ったのか、そうではないのか、私は知らない。ただ知っているのは、兄が実家を3日で逃げ出し、兄の友人宅から帰国した、という事実だけ。

母はことごとく人間関係を破壊していく

年を重ねる毎に、人が離れていく

4人兄弟なのだが、祖父の遺産で兄弟でいがみ合い、その後祖母が亡くなり、母の妹と全面戦争をおこし、絶縁関係となる。

私は祖母が亡くなって以降、冠婚葬祭以外で、母の兄弟と顔を合わせる事がなくなった。

一人仲良しのいとこがいるが、その事を母が知っているかさえ、わからない程、ほぼ切れている「血縁関係」。

一方的に「尽くし」、思う通りの賛美と「見返り」を貰えないと、「非常識だ」と勝手に怒り、疎遠になっていく親戚関係、友人関係。

傘寿から二ヶ月ほどしたある日

近所の道で、毒母と、真正面から出会ってしまった。

鬼のような形相で私の顔を睨みつけ、鼻が触れるほどの距離に近づいてきた。

一瞬ひるんだが、歩みを止めない私(えらい)、背後を早足で追いかけてくる母(こわい)、最後に「ふん!何様さ!」と言葉が飛んできた(激こわ)

まずい、発作が起きそう。まただ、目の前が暗くなり、息が上がる。慌てて、小道に入り、精神安定剤を口に放り込む。万が一にと、水と薬は必ず持ち歩くようにしていて、本当によかった。

しかし、なんと、これが再び起こるのだ

翌週だったな?次は曲がり角、出会い頭だ、避けられない。

足早に角を曲がったが、やはり背後を数メートルついてくる。

「ゔーー」「ぐーー」のような、なんだろう、唸り声?を立てながら。程なく母の足が止まった。歩みを止めず、次の角を曲がる時、よせばいいのに、振り返ってしまった。

道の真ん中で仁王立ちをし、私を睨みつけ続けていた母と目が合ってしまった。大後悔、なんなんだよこれ、怖すぎて心臓飛び出そうなんだけど…

2度の出来事で私が学んだのは、水と薬は持ち歩くこと。

そして母は全く自分が悪いと思っていないこと。

父も母も「家族が大事」といいながら

家族の問題を解決するにはどうしたらいいのか?と言う事に、全くもって心を割かない。

家族の問題は、いつも「私(娘)」が引き受けてきた。家族のバランスをとるために、母の、毒母のご機嫌をとり、望む形になるように、

我慢をし、苛つく気持ちを押し込めて、嫌嫌などと、微塵も感じさせないよう注意深く、怒らせないよう、笑顔を装い、

「毒母の希望の形」「希望する円満な家庭」のために、己を捧げていたのだ

偽物の「円満」だったって事に、いい加減、気がつけばいいのにね。

自分を幸せに出来ない人間が

他人を幸せに出来ないように、

他人に幸せにしてもらおうと期待する人間は、「今ある幸せ」に気が付けず、いつも幸せが枯渇し、追い求め、キリがない。

そもそもゴールの存在しないマラソンの、ゴールを探して走り続けているようなものだ。

生き様は、死に様だ

とある人が教えてくれた。その人がどう生きてきたか、それがわかるんだと。

別に答え合わせがしたいわけじゃない。ただ、その言葉を聞いた時、年を重ねる毎に人が離れていく母を、思い出した。

私は、今日も幸せに過ごした

いっぱい笑った。家族が、友達が、ただ元気で楽しそうにしているから、自然と私も楽しくなる。

それだけでいい。それだけで幸せ。

私の好きな人たちが、「自分」を生きている、

それだけでとっても嬉しいよ。

by 毒親育ちmochi