無償の愛とは一体何だろう

無償の愛とは一体何だろう

無償の愛について考える

団地に住んでいた頃

家は一階で、ベランダから庭に降りれる階段があり、団地内の広場へ行き来ができる造りになっていた。兄が幼稚園に通い始め、母にもママ友が出来、遊び友達もできた。

服編で述べた、双子コーデのお友達も兄の幼稚園を通じてお友達になったのだ。

双子コーデのお友達

彼女はクオーターで、大きな英国犬を飼い、映画のセットのような、花柄の壁紙、洋風の家具、洒落たティーカップ、穏やかなお父さん、優しく綺麗なお母さん、妹思いの兄。

淡くふわふわと毛先がカールする茶色い髪を持っていて、色白で、とても可愛く、お友達思いの優しい少女だった。

今こうして書いていても、夢か幻の世界の話のようだ。

母のなかの「洋風」コンプレックス

母が小学生の頃、もう着物をきている少女はクラスでも数人だったそうだ。スカートとブラウスの少女が多く、着物しか持っていない母は「みじめ」だったと言っていた。

なかでも、憧れていたのが、洋館に住む同級生だったらしい。その時代には珍しく、クラシックを習っていて、いつも汚れのない「綺麗」な「洋服」を身につけていたそうだ。

丸襟にレースをあしらったリボン付きの白いブラウス、紺や赤の別珍やウールのスカート、レース付きの靴下に、黒のエナメルシューズ、そして髪には大きなリボン。

母が憧れた子供時代

そう、幼い頃の私の姿は、全て母の憧れを投影したものだった。クラシックを習わせたのもその影響だろう。

自分の過去を振り返る時、つくづく「母が憧れた子供時代」をなぞらされていたのだと思う。とくに家柄があるわけでもないが「品格」というものに強い憧れがあったのだと…

だから、母の脳内では、私も兄も、習い事も勉強も、「環境を与えてる」のだから「できて当たり前」「親に感謝して当たり前」なのであって、決して「落ちこぼれ」てはいけないのだ。そんな設計図は存在しえなかったのだ。

だから双子コーデのお友達は母の憧れの具現化であり、自分の中のコンプレックスをつつくライバル心を掻き立てる存在でもあったのだ。

私は、黒くて真っ直ぐな髪の毛、浅黒い肌、お友達とは正反対の容姿、

「〇〇ちゃん(双子コーデのお友達)はあなたと違って白い肌で、フワワした髪の毛だから、おリボンがよく似合っていいわ(ため息)」みたいなことはしょっちゅう言われてた。

もうこの時点で自分の容姿について薄々「残念」なんだな、と悟ったよね。

母と私は同じフィールドでは共存できない存在

母にとって私は「いるのが当たり前」なのだろう。だが、私にとっての母は、私を「傷つける」存在なのだ。毒親なのだから、

人生のほとんどを費やし、自分の気持ちをわかってもらいたく、時に会話で、時に手紙で、時に夫に代弁してもらって、伝えてきた。

どんなに私が、

母の気持ちを、理解しよう、共存しよう、と声をあげようとも、残念ながら母の心には全く響かなかった

出てくる答えは「こんなにしてあげたのに」「どれだけあなたにお金をかけたと思ってるの」「感謝されたとしても責められる筋合いはない」だ。

挙げ句の果てには、希少がんになった娘に自分の老後がなくったと嘆く始末だ。

全くもって会話が成立しない、もはやモーゼの十戒だ、溝は深くなることはあっても、埋まらない。

だから私は「理解」を求めることをやめた

できることなら「親からの無償の愛」を味わってみたかった。そう思ったことは何度も何度も何度もある。しかし洗脳から解放され、絶縁宣言をし、親からの「愛」をあきらめてから、気がついたことがある。

「無償の愛」は、与える側も幸せになる

今までは求めるばかりで、与える幸せに目が向いていなかった。

そうなのだ、愛や絆とは「互いを思う」気持ちの積み重ねなのだ。そこには与えも求めもなく、ただただ純粋な「相手を思いやる気持ち」があるのだ。

そこに気がつけて本当によかった。

暗いトイレで箸を持ち恐怖と悲しみに暮れている幼い私はもう昇華してあげよう。悲しかった私を、私が包んであげればいいのだ。負の連鎖を子供たちにつなげてはいけない。

大人になるのも悪くない

うん、毒親の洗脳が解け、絶縁宣言をし、本音はのところは揺らぐし、やっぱり寂しいけれど、

もう私の心をえぐる「言葉の暴力」を受けなくていい、大人とは、自分で付き合う相手を選んでいいのだ、

それを知ってみると、うん、大人って悪くないな。

by 毒親育ち mochi