毒親と契約と学費と命、天秤で測れる?

毒親と契約と学費と命、天秤で測れる?

悪性腹膜中皮腫と言われてから

心境は常にまな板の上の鯉のような感じだった。

はじめはアスベストという物質がこの世にあること、危険を知っていながら使用していたこと、そこに怒りを覚えた。

その次に襲ってきたのは「絶望」だった。

次に、自分の家庭環境に、毒母に、毒父に、毒兄に、怒りを覚えた。

生きる「望み」を持たなければ楽になる、そう思った。

友達がバセドウ病。彼女は言う、残りの人生おまけみたいなもの、と。私もそう思うことにした。そうだ、アラフォーまで生きたのだ、「残りの人生」と語っても語弊はないだろう。

しかし、やはり「死」は怖い

死ぬことが怖いというより、死ぬまでの「苦しみ、痛み」が怖いのだ。ピンピンコロリがいい、とはよく言ったものだ。本当に、そんな風に、死ねたら楽だろう、と。

ガクブル((((;゚Д゚)))))))、の小鹿状態から、少し慣れた頃。

私は先の見えない人生の中で

どうしたら子供たちを守れるか、ようやく頭が廻りだしたのだ。

まず、子供①はやりたい事が決まっていた。そこに向かって進めるよう、援助をすればいい。道は自分で探して報告してくれるので安心だ。

子供②だ。まだ小学生、最悪のシナリオは、高校、大学、受験の時に相談に乗れないこと。そこで考えた。大学付属の中学を受験させよう、と。

子供②が高学年の時

担任を軸に学級崩壊が起こり、授業が遅れに遅れ、問題になったのだ。素早い親は、遅れを補うために、子供を塾に入れた。

そこで私は、子供を中学受験させることに決めた。中高一貫で、しかも大学もついていれば、いざという時、子供が迷わず進学できると考えたのだ。

無理のない学力のところで十分だ、道を照らしておいてあげたい、私の自己満足なのだから、無理強いはいけない。

夫は分不相応だ、と難色を示した。

受験の際、母は言った。応援するわ

中学の授業料は私が払ってあげる、だから手紙を残して、と。「私が死んだら、子供たちを両親との養子縁組を希望する手紙」だ。

生きられる年月を、可能性を、考えた私は、つい手紙を書き自筆のサインを残してしまった。私が弱かったのだ。小学生の子供が帰宅の遅い夫をひとりで待つのを想像できない。(私の余命、仮に2年が最長、これが引っかかってしまった)

母は言う、サインをしなければ、面倒は見れない、と。

しかも、学費の全額出すとの条件。迷ったのは一瞬、自らの意思でサインをした。「子供たちをどうぞよろしくお願いします」と言葉を添えて。

子供②が合格し、入学金を母が支払ってくれた。次に支払うのは授業料だ。振込用紙を差し出したら、何やらすこぶる雲行きが怪しい。無言になった。嫌な予感。胃が痛い。

翌日、母からランチのさそいがあり

マクドナルドへ行った。普段はランチに選ばないチョイス。嫌な予感が当たりそう。

母が言った。「入学金は出してあげると言ったけど、授業料まであてにされたら困る」と。

私は言った。「え?中学の間の費用を全額持つから養子承諾の書類にサインしたんだよ?」

母が言う。「そんなこと一言も言ってないわ、親の財布を当てにされても困るんだけど。いくらなんでも図々しくない?出してもらって当たり前と期待されても困る」

「あぁ、まただ」そうだった

サインした私が馬鹿なのであって、母の言葉を鵜呑みにしてはいけないのだった。つい、命と引き換えの交換条件だと、母を信じた私が愚かなのだ

「そうだよね、ごめんね」俯き、答えるのがやっとだ。

こんな返事を私は何回繰り返してきたのだろう。心が引き裂かれそうな孤独感。私を守ってくれる「親」はどこにもいない、嫌と言うほど思い知らされる。

2日後、仕事を決めてきた

これで母に負い目を感じずに済む。幸い行動だけは早いので。

そこで、毒親あるあるだ。

私が仕事をすると「ランチ」に付き合ってもらえない。したがって昼間、愚痴を話す相手がいない。それは不満なのだ。

母は言った。「ねえ。それくらいの学費、あんたの夫は払えないの?癌の妻を働かせるほど甲斐性なしなの?

心にどす黒い感情が押し寄せる

だから言ったではないか。分相応な土地に住みたかったと

元々、我々の収入では贅沢な立地なのだ。母たちは、祖父母の建てた家で、固定資産税のみで暮らせている。私たちはローンがあり、固定資産税があり、学費も納めている。

でも、もういい

毒親に、毒母に「こう言ったじゃない」と問いかけたところで答えはいつも同じく「え?そんな事、この私が言うわけないじゃない?」と返ってくるのだ。

母が、私の夫を「あんた」、私を「お前」と呼ぶことを、母のテリトリーの人は信じないだろう。母は(父も)、いつだって、優雅で上品でアカデミックな雰囲気を身に纏っているのだから。

親を信じた私が悪い

散々身に染みて、わかっていたはずだ。それなのに、「私の死後」を考え、毒親に「思いやり」のある対応を、期待した私が馬鹿だった

たとえ親であっても、たとえ癌だと言われても人に頼った私が愚かなのだ。甘えは許されない。わかっていただろうに…

何度目かの、毒親の姿に「目が覚めた」瞬間だった。大きい「瞬間」はもう少し後、今から2年前がん告知の日をうわまる衝撃波。

まさか、この年まで生きられるとは微塵も思っていなかった。どうやら今年も8回目の桜を見れそうだ。信じられない。

桜は好きだ、しかし「絶縁宣言」「がん告知」これが両方春なのだ。うーん、気持ちは心に鉛を持ちつつ、桜を愛でる会を毎年開催中ってところかな。今年で8年目。昨年グリッタービールが面白かったが、今年はどうだろう。

日々、「明日を生きたかった人」の気持ちを勝手に背負って、大切に過ごそうと心掛けている。

心を穏やかに、私に関わる人たちが、心地よく過ごせるように、感謝と謙虚を忘れずに、灯った火が消える時まで、大切に生きていこうと…

by 毒親育ちmochi