それでもまた依存先へ戻ってしまう

それでもまた依存先へ戻ってしまう

共依存の状態は厄介なもので

一緒にいるのは窮屈なのだが、離れるのも不安になる。

本当の意味で「独り」で人生を立っていないから、

親の言う、「困った時」に助けてくれないと怖いから、という呪詛に怯え、二人で一人のような母と私であったから、離れるのは精神的に不安で怖くて出来ない(と思い込んでいた)。

激しい怒りの言葉の暴力を受けてきた経験から

毒母が怒った時は、「早く」「私から」「仲直り」を申し出ないと、怒りが長引くことは散々身に染みている。

1週間も連絡を取り合わないと、常に母のことを考え思考が止まる。

どうしよう、やっぱり私から電話して謝るべきかな、どうしよう好きなお花でも買って会いにいくべきかな、と…泣きそうな不安と「孤独感」に耐えられる自信がない。

いち度目の絶縁後の再会は

父から本を渡された数日後、と記憶している。

母から電話がかかってきたのだ。泣いて謝まり、ひどいことを言ってしまった、許してほしい、以前のように会いたい、と。

私は心に暗い影を落としつつも、ホッとし「うん、ごめんね、私も言いすぎた」と告げた。するとすかさず母は言う、「でもね、あなたも悪いと思うのよ。」と

2週間も離れることができない母娘関係。決して仲が良いからではなく、互いが一人で立っていられないから、ただそれだけの関係。

ゆがんでいるのはわかっている

本当は私の気持ちを話して、理解してもらえたら良いのだろう。

もうそれは何度も試みた。結果は惨敗だ。あとは距離を置くしかきっと方法はないのだろう。

「ひとりじゃ何もできない」「親がそばにいるあなたは恵まれている」と繰り返し繰り返し聞いて育った私は、すっかり信じ込まされていたのだ。

「親の近くにいるのが一番だ」と。

現在の私からすると

本当に嘘のように「何を馬鹿なことを信じてたのだ」と笑いたい気分だけど、

当時は母の側を離れるのが怖かった。なぜあんなにも嫌なのに離れられなかったのか、洗脳とは恐ろしい。論理的な思考を奪う。

しかし、本能的危機感が、違和感が、

「考えろ」と私に伝えてくる。冷静に、考えて、何が大切?、と

その後母が噴火するたび、距離を置く間隔が少しずつ伸びていった。

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、半年、と徐々に噴火のたび会わない時間が多くなったことが、結果的に私に自信を与えてくれた。「大丈夫かも」「母なしでやっていけるのでは」と。

数回目の「噴火」「絶縁宣言」「仲直り」、そう、私がアラサーの頃。

母が私の「パンドラの箱」を無理やり

何の準備もないままの私の心の扉を、強引にこじ開けたのだ。

そこからの約5年ほどは、トラウマに苛まれ、心折れそうになりながら、ボロボロになりながら、心身共に、心が固まっていった。

「母は間違っている」「これは親のすることではない」。私の心が決まる頃、またしても私の人生に試練がやってくる。

そう、希少がんの告知だ

もちろんその話も綴っていくが、つくづく思い返しても「優しさ」とは何だろう。「愛」とは「絆」とは、いろいろ考えさせられる出来事がここから先、続いていく。

やっと今は、自由で

心配なことは家族の事と、大切な人たちと、そして私の病気のこと。

病気のこと以外、心配できる人が私の人生に居てくれることが幸せなので、心配の裏返しは愛情なのだと思っている。嬉しいな。

by 毒親育ちmochi