毒親と決別を決めた日

毒親と決別を決めた日

長い間、自己を否定され続けてきた私は

何をするにも心の物差しが全て「母」。普通の家庭に育った人には到底理解できないであろう。

アラフォーの、もう立派な大人が、服一枚選ぶのにさえ「母が気に入りそう」な服を探してしまうのだ。

なぜそうなるのか、答えは簡単、「母の物差し」からはみ出たものを身に纏っていると、必ず「あら、珍しいわね、でもその色あなたに似合わないわよ」と恐ろしく出来の良い精度で返ってくるのが嫌だからだ。

自分が「嫌」な思いをしたくないから

欲しいと思う服を買わない、滑稽を通り越し、もはや哀れだ。

毒親育ちの人なら、大なり小なり「親の物差し」を無理やり肌身離さず持たされ続けているんじゃないかな。

親の価値観を押し付けられ、親の望む容器の形に収まるよう、年月をかけ、飴と鞭(恐怖と情)で、洗脳され続る。

この「容器」から抜け出すのは心底恐怖なのだ

「親離れ」などと言う前向きな未来のある響きなどではなく、

子供が巣立とうとすると、手を振りあたかも応援するフリをし、なんなら優雅に右手を振る素振りだって披露るすだろう。

その左手で、血が出そうなほど子供の足首を掴みながら…

幾度となく、脱出を試みた。その度に、「理解のあるフリ」を見せつつ、どれだけ思い知らされたことだろう。

絶対に、毒親の目の届かない「知らない世界」へ旅立ってはならないのだ、と。それが出来ないのなら親子の縁を切る覚悟をしろ、と。優しく理解のある親の顔をし、

「自由」と「親」どちらかを選べ

万が一にも「自由」を選べば、お前が「困った」時に助けなどしないぞ、と問うてくるのだ。

親こそが、子供が自分たちから離れてしまう「恐怖」に怯えていたのに気がつかず。

独りが怖いのは、私ではなく、毒親自身だったのに。

「血縁」で縛る以外、子供を縛る理由がない

こんな理不尽に、自分の人生を絡めとられるなんて馬鹿みたいだ。

産んでくれてありがとう、ではなく、産まれてきてくれてありがとう。なのでは。

悪性腹膜中皮腫(希少がん)と宣告された時

家族と私、残された時間、残される側、残す側、今まで当たり前に過ぎていた時間に、心底後悔をした。

どんなに周りの人が寄り添ってくれても、どんなに私に愛を注いでくれても、残された人の心の痛みは、本人自身で乗り越える以外方法がないのと同様、

私もまた、一人で病気と向き合って、受け止めなければならないのだ。誰も私の人生をかわってはくれないのだ。だからかな、本気で気がついたのだ、

都合よく雑に扱ってきた毒親を大切にし

私を大切に扱ってくれる人たちとの時間を削ることの無意味さに。ようやく目が覚めた。

約半世紀、一体私は誰のために生きてきたのか?なぜここまで尽しても親は私の心をえぐるのか?

ようやく、決別する勇気が湧いた。残された時間が沢山あるのか、それとも一年なのか。明日何が起こるかさえ、予測などできないのだ。そしてそれは私だけではなく、等しく平等に、全ての人が、1分先さえ読めないのだから。

子供は3歳までに全ての親孝行を終える

だからその後、求めてはいけない、と友人の母から教わった。本当だった、こんなにも愛される事があるなんて、思いもよらなかった。怒られても、怒っている目の前の母親に、慰めてほしくて、小さな手を伸ばす可愛い命。

やがて一人で学校に通う頃には、朝どんなに喧嘩をしても「笑顔」で送り出すこと。これは、入学式で校長先生に教わった。それが最期の別れにならないとは限らない、だから必ず笑顔で、後悔しないように、と。

本来子育てとは家族皆で「愛」を育てるものなのだ

いつもお下がりがまわってくる下の子に、新品の自転車を購入したある日。好きなのを選んでいいよ、と。

真剣に店員さんと相談しながら、迷いに迷い決めた自転車。帰り道、「ありがとう」と嬉しそうな笑顔で、自転車を押して並んで歩いた。

「乗って先に帰ったら?気持ちいいんじゃない?」「え、でも一人で歩くのさみしくない?」、こんな会話さえ嬉しくてニヤついてしまう。「いいよ!せっかくだから乗って先におかえりよ」

今でも覚えている、大切な気持ち

嬉しそうに颯爽と走り、器用に両手をあげ背中越しに手を振った姿。不覚にも、幸せすぎて泣いてしまった。ありがとう、本当にそれ以外言葉が浮かばない。満足そうな笑顔が、私に幸せをくれる、幸せすぎて泣いちゃう私って本当に幸せだ。

大切な人の幸せな姿。ありえない幸福感。

生きているその時間は、全力で好きな人たちの幸せを応援したい。愛されて大切にしてくれた人たちに、私が生きている間、できうる限り、拙い私の愛を送りたい。

だから、私は両親と別れる、それ以外、私を幸せにしてあげる方法が、もう無かったのだ。

本当は、みんなで幸せを増やしたかったけど、残念だけどそれができない人がいるのも事実。

愛と情を一緒にしてはいけない。愛は増えるが、情は縛るのだ。

本当に私を大切と思っている、と言うのならば、なぜ寄り添ってくれなかったのか、なぜ母の気持ちを先に押し付けてきたのか、なぜ私は母に尽くさなければいけないのか、そして的確に心をえぐる言葉を浴び続けなければいけないのか、

絶縁宣言をしたのは、私のお誕生日の日

悪性腹膜中皮腫と宣告されてから、5回目のお誕生日。生きていなかったかもしれない5年の歳月、

その日、母は苛ついていた。食器の音を立て、怒りの圧を食卓にかけた。食事が終わっても、一言も「おめでとう」を言わず、

子供が私の手を取った、「帰ろう」と。横顔が怒りに震えていた。不覚にも涙がボトボトこぼれ落ちた。

母はどうしていつもこうなのだろう。

大切な節目、楽しみにしていたディズニーランド、絶対に「楽しい日」と決まっているに日限って、機嫌が悪い。

泣いてる私を、子供たちが優しく手を繋いでくれた。ああ、もうこんな思いを子供たちにさせてはいけない。

その日の夜、電話もスマホも着信拒否をし、一切の連絡を断つ決意を固めた

揺らがない自信があった。今回の絶縁は、過去の甘っちょろいものとは全く違う、私と私の大切な人を傷つける毒親から、私が守るのだ、きっぱり別れを決意した。

by 毒親育ちmochi