「役に立たない娘」という呪いの言葉

「役に立たない娘」という呪いの言葉

役に立たない娘

私はその言葉に呪いをかけれてしまった。

何も役に立たないという言葉の呪い

だから、結婚し二人で住む家を、分相応な街のなかから選ぼうと夫と話し合っていたのに、

勝手に「罪悪感」を感じ役立たずな自分を「挽回」しようとし、

自ら勝手に、母の「寂しさ」を察知し、母の望む「実家の側に住むね」という言葉を先回りで用意し、「母への優しい気遣い」「母の希望の言葉」を、差し出したのだ。

結果はドンピシャだ。母は鼻高々に「いつまでの親離れできなくて困るのよ」と自慢げに、そして嬉しそうに、周囲に話した。

母が喜ぶと「黒い感情」が少し減り、息をしやすくなる。

良かった、ちょっと呼吸が楽になった。

晴れない心で、ほっと息をつくのだ。毎度のことだ。慣れっこだ。

束縛する相手に、なぜだか身を差し出してしまう

嫌なのに、でもその方が楽だから、と決め込んで。

社会に出て気がついた事があった。

なぜか私は「毒」を持つ人に気に入られ「依存」され、そしてその気持ちに「答え」てしまうのだ。私を都合よく雑に扱う相手に、すんなり「自分」すり減るほど差し出してしまうのだ。

私はサバンナにいる「しまうま」だ

仲の良い友達といる、束の間だけ安心できる環境。

家に帰ると「毒母」というライオンがいる。会社に行くと、後輩と仲良しの「先輩」というライオンがいる。サバンナで気を抜いたものは生きて仲間の元へは戻れない。

ライオンに怯え生き抜くために、不本意ながらも、実家の近くに家を借りた。

初めて、本当に生まれて初めて、

家がサバンナではなく、しまうまの仲間が出迎えてくれる「安寧」の家を手に入れたのだ。

そう、夫は穏やかで優しい。苛苛する姿など、両手で済む程だ。

私は夫に盛大に甘えに甘え、幼い頃に満たされなかった「母性」と「父性」と「家族愛」を取り戻すかのように、貪欲に吸収した。

これで満たされ幸せになる予定だった

しかし、「ゆがんだ」家庭で育った私は、歪んだ土台の上に幸せを載っけようとしていだけだった。当然、「幸せ」は転げ落ちそうになる。その度載せ直す。その繰り返し。

おかしいな、「幸せ」なはずなのに、また一滴、一滴と「黒い感情」が滴になり落ちてくる。

あろうことか私は、

ライオン(毒親)ではなく、仲間のしまうま(夫)に、今度は母にされて辛かった事。「泣く、喚く、罵る、掴みかかる」を行ってしまったのだ。

どうしても、ほんわり幸せな「何もない」時間をどう過ごして良いのか分からなくて、苛苛しては、

それこそきっかけなど何でもいいのだ、リモコンの置き場所、靴のしまい忘れ、難癖をつけては、居心地の悪い不安を夫にぶちまけた。

安心できる家庭を知らなかった

無言が怖かった、無言は「怒っている、気が付けよ」のサインであって、気を使うのが日常だったから。

黙っているのは何か「気に入らない」からで、朝起きるのが少し遅い日は、「私と顔を合わせたくないのだ」、あげればキリがないほど、重箱の隅を勝手につつき、不安を産み出し、夫にぶちまけていたのだ。

今から考えると、

母に父に、されて嫌だった事を

夫に仕返ししていたのだ。

せっかく楽しく暮らし始めたの、なんでうまく行かないのだろう。癇癪をおこす自分は、毒母とそっくり。認めたくないけど事実。

悩んだら、まずは情報を集めるのだ。

図書館に行くことにした。精神的な本を読み進めていくうちに、ようやく一つ結論がでる。

私の家、ゆがんでたんだ

四半世紀の時を使った、大発見だった。しかしながら、まだその時は「毒親」も「機能不全家族」も「アダルトチルドレン」も載っていたなかった。

でも歪みのイメージは理解できた。私の怒りがどこからきていたのか、薄らぼんやりとだけど見えていた。

母のような母にだけはなるまい

これは、昔から呪文のように心に唱えていた言葉。

ずーーーーーっと、これだけは決めていた。

うっすらと、認知の歪みを感じ始めた頃、私は母となった。

春の頃である。

by 毒親育ちmochi