夢か現か幻か、共依存の救いのなさ

夢か現か幻か、共依存の救いのなさ

共依存という救いのなさ

過去を振り返ると、そんな言葉がぴったりだ

強烈な愛情と愛着、それを根こそぎ掘り起こすような怒号。

父の、母の、感情の揺れ幅に、怯え、ギュッと目を閉じ、手を握り締め、体を縮こめ、食い縛り、我慢した、怒られている私は「夢」であって「現(うつつ)」ではないと信じ込もうとしていた。

愛着こそが、私へ与えられる正しい評価であり、愛なのだと。(詳しくはこちらから↓)

一番古い怒られた記憶

只中にいる時は周りが見えていない

だから私は、長年「母を大好きな」「愛されている娘」だと思い込んでいた。心に溜まり、排出されない「黒い感情」に目を背け、愛されているんだと、言い聞かせ感情を手名付けたはずだった。所詮、誤魔化し切れやしないのに。

台風の目の中にいる自分は、台風の存在に気がつけなかった。

私は、「違和感」も「不信感」も確かに分かっていたはずのに、目の前にある「安寧」にすがっていたのだ。

母もまた、「仲良し親子」であり「母思いの優しい娘」であるはずだ。なぜなら「こんなにお金も時間も注いできたのだから」それが「愛情」なのだ、と。

落とし所を決めてしまった私と母は、

これで共依存が完成してしまった

母も私も、近づけばどうしようもなく苛立つ癖に、離れるのが不安になる、そんな不安定な関係を「絆」と信じ、共にもたれあい、反発しつつも慰め合う関係になっていった。

互いが互いの苛立ちの吐け口として、そして慰め合う同志として、離れられない関係を作り上げてしまった。

何がいけなかったのだろう

母の実母が愛に溢れる正しい人だったらよかったのだろうか。戦争の影響のない時代に生まれていれば良かったのだろうか。父がもっと家庭的だったらよかったのだろうか。兄や私がもっと素直だったら良かったのだろか。

何をどう考えようとも、過去の終わった出来事を考えるのは愚かな事だ。

わかってる、そんな事百も承知だ、正しい答えなど存在しないのだから。

ミステリー小説が教えてくれた

亡くなった人の人生を擬えても、その人が蘇るわけではない。筋道を論理的に考えて、正解を選ぶのだ。人生には限りがあり、無駄なことはするべきではないと。

大好きなポアロが、ミス・マープルが、ホームズが、脳細胞を使って考えろ、と語りかける。

本や漫画の主人公、劇、歌、詩、いろいろな創作物が、違う生き方を語って聞かせてくれた。君のいる世界は「ゆがんでいる」「離れるべきだ」「それは正しくない」と。

愛着という厄介な関係

ずぶずぶと互いを「負」の感情で縛り付け合う関係にハマってしまった私は、どうにも身動きが取れなく、窒息しそうなほど「黒い感情」に飲み込まれそうだった。息をしていられのも後わずが、限界が近づいていた。

愛と愛着、似て非なるもの。

そこを間違えてはいけない。愛は相手を丸ごと受け止める。愛着は自分の容器の範囲内での自由を超えさせない。圧倒的に「選択の幅」が異なってくる。

もし母が、もし父が、もし兄が、もし私が。「愛」だけを感受できていたなら結果は違ったのだろうか。春の気配が近づいてくると、少しだけ苦い味と共に家族を想う時がある。

母にも幸せになってもらいたい

「愛着」で依存しあっていたときには見えなかった景色を、母も見てくれていたらいいな、と微かな希望は胸に秘めている。

互いに縛り付け合い、それを「絆」と勘違いしていた私の、絡まった糸が解けたように、母もほぐれているといいな。

同じフィールドでは無理だけど、各々の場所で、楽しく生きていてくれたら嬉しいな。

by 毒親ち mochi