毒親との絶縁を早めた一本の電話

毒親との絶縁を早めた一本の電話

その後、私は仕事をしながら

実家で夕飯を食べ、日曜日は家族4人で行く、という流れを母に強要に近いお願いをされ、粛々と受け入れる日々を過ごすこととなる。

母が「学費は出してあげられないけど、食費で協力してあげるから、毎日来て構わない。だから夕飯は実家で食べなさいよ」と。(学費の件は、詳しくはこちらから↓)

毒親と契約と学費と命、天秤で測れる?

これは「毎日来い」の命令形に変換するのが、母的に「正解」なのだ。(毒親あるある)

そして、断る日が増えると、機嫌の悪い声で電話をかけてくる。

「来ると思って〇〇(食材)買っておいたのに。来なさいよー。え?夕飯用意しちゃったの?いいじゃない、それは明日食べれば」と、断っても、あの手この手で実家で夕飯を食べるように差し向けるのだ。

「来て」といいつつも

機嫌の良い日がすこぶる少ない。私の育った頃と同じ、母の苛々が食卓に圧をかける。

しかし、孫にあたると、私が連れてこなくなるので、「楽しい会話」の言葉尻を捉えては、父に「嫌味を言い」その姿は、まるで母が憂さを晴らしているように目に映る。父は、ムッとしながら黙って食べる。

例えば、鍋を囲む

子供たちはお肉を先に取る。父は、孫たちを優先し、野菜を中心に食べる。その様子を見て母が「ほらー、遠慮してたらなくなるわよ。遠慮しないでさっさととりなさいよ。私そこまで面倒みないわよ。この子たち食べるの早いんだから。」と苛立った口調で言う

結果、子供たちは遠慮をする。そして私も気を遣い、父の器に取り分ける。その姿がさらに母を苛々させる。大きな声で、「自分でやって、って言ってるでしょ?なんで娘に取らせるのよ。子供じゃないんだから」と、毒のある言葉を食卓に撒き散らす。

行けば行ったで、母の地雷に気を遣う

行かなければ、来るまで、なんなら首を縦に振るまで、延々電話とメール攻撃だ。がん告知後、5回目の誕生日でもそうだったのだから。(誕生日について、詳しくはこらから。↓)

毒親と決別を決めた日

そのうち、いく回数が極端に減っていった。その頃夫は仕事が忙しく帰りが遅い。子供と3人で家で食べる方が、「遥か」の想像を超えて遥かに「気が楽なのだ」。

母の機嫌、地雷、マストのスイーツ、

これらを用意周到に準備し備えても、それでも、何が母の逆鱗に触れるかわからない夕食。

がん告知後、5回目の誕生日以降、私はぱったりと連絡を断った

久しぶりの家族4人だけの年始

毎年、お墓参りから始まっていた実家の新年。スマホをいじると機嫌が悪くなる母。だらだらと、することもなく、かといって楽しい話題があるわけでもない年明け初日。

家族だけだと、すごく楽しい。なんだおせちもいいじゃん。だらだら寝正月、サイコーじゃん。スマホもテレビも誰も文句言わない、しかもリビングでみんなでころころ過ごすお正月、やばい、めっちゃ楽しい。

着信拒否をし、連絡を断ってから、

半年ほど過ぎた頃、知らない番号から着信があり、誰かな?と電話をとった。母からであった。

いきなり怒鳴られた。「あんた、一体いつまで拗ねてるつもり?いい加減にしなさいよ。一体何が気に入らないのよ。まさか、誕生日の事まだ根に持ってるの?」(がん告知の日、詳しくはこちらから↓)

娘が、がんと知った時、母は「私の老後がなくなったのね」と言った

私「それもあるけど、お母さんの顔色を伺う夕飯は嫌なの。家なら苛々する人いないから、気が楽なの」

母「へーえ、あんたやっぱりそんな事でいじいじと嫌がらせをしてるのね。呆れるわ。だいたいねぇ、あんたのためを思って夕飯用意してやってるのよ。たまに苛々するぐらいでゴタゴタ言うなんて何様なの?

私「だから、私たちが行かなければ、お母さんも苛々しないし、私も気が楽だから、それでいいじゃない。」

母「家族なんだから、たまに当たるくらい、多目にみてもいいんじゃない?だいた誰のおかげでここに住めてると思ってるのよ。あんたには感謝の気持ちが足りない」

私「いい加減にしてくれない?他人にだったら、同じ事言わないよね?苛々をぶつけないでしょ?それって家族だから甘えてるだけじゃない。自分の機嫌くらい自分でとってよ」

母「$%’”…(怒りすぎて何を言ってるのか聞き取れない怒号)」

私「いい加減私を解放して。もう実家には行かない」(電話を切った)

ここから、決別まで後少し

母が、放った言葉が、私の心を大きくえぐりとり、自己を保つ自信がない程、揺さぶられ、ボロボロになり心療内科の門を叩くまで、あとほんのちょっと。

母は、私が一生忘れる事の出来ない言葉で深く心をえぐるのだ

今の私は、むしろ母と離れることが出来、心安らかに毎日を送れている。

薄々母の心根は知っていた

実母だからこそ、あえて触れないようにしていた、「人としての在り方」、母の醜い部分、綺麗な言葉を酔いしれ語る一方、本当は嫉妬心、猜疑心が渦巻いている事を。

嫌な事をされたら、相手にはしない。私も本当にその通りだと思う。

だから、今更母に謝罪など求めていない

私は欲しいのは、毒親との「距離」だけだ。それさえ確実ならば、毒親の人生に興味はない。

私は、私の残された命を生きる

人としてかっこよく、時に笑顔を添えて、それこそ楽しく、最期まで、できるところまで「私なりの人の在り方」を貫いてみたい。弱音をはいちゃうかもしれないけれど…

それが私の軸、心の支えであり、確固たる信念。強く優しくありたい。

大切な人たちと、大好きな音楽と洋服と、これらを身に纏い、生きれるところまで、今まで抑圧されていた自分を解放してあげたい。楽しんでみたい。

人生、いつ何が起きるかわからないんだから、常に「今」を大切に、かっこよくいられたら、それこそ最高じゃん。

by 毒親育ちmochi