毒母自身が心を満たさずに誰が満たすのだ?

毒親育ちである私の毒が抜けた? それともと絶縁状態に慣れた?うーん 「私は毒親育ちです。だから親と絶縁しました」という事実を「隠さなければ」とか「私の人間性が疑われるかも」とか「かわいそうな人」と同情されるかも…という「私の中の世間様の目」を気にしなくなったのは2019年の冬頃だったと思う。 カウコンという幸せな年越し 私は2013年から年末はずっと東京ドームで年を越していた♪(どこへ向かう話?) […]

虐待と苦悩と緊張の走る毒家庭

家族間に緊張の走る毒家庭 私は機能不全家族に育ち、家族間には常に「毒親が発火」するのではという緊張が漂い、叩かれないよう、延々叱られる時間が始まらないよう、血が滲むほど殴られないようにと、不安と不満を心に押込め、場を和ませるピエロ役を買って出ていた。 私の役割は、 母を褒めて機嫌を保つ 進んで家事を手伝い母の機嫌を保つ 頑張って習い後の練習をし母の機嫌を保つ 父と母が喧嘩しそうになると間に入りなだ […]

いつだってキーマンは毒持ちなのだ

キーマンは毒持ち、これ本当 私の約半世紀の物語を綴ってきた。だがそれは「毒家族」との関係に葛藤してきた話でもある。(よろしければこちらを●) 毒親による独断と偏見に満ち溢れた「一般常識」を、「普通」と誤認しながら生き、恥ずかしい思いや、他者からの言葉に傷ついたり、傷つけたりしては、 どうしてうまく行かないのだろう、どうして理解してくれないのだろう?「どうして…どうして…」という私自身の心に翻弄され […]

毒親の盛りの良い恥ずかし話

私は機能不全家族に育ち、 一般的な常識とされる知識を毒親から教わり育った。 毒親育ちの方ならお分かりだろうが、毒親なのだ、知識には偏りがあり矛盾が生じ、矛盾を素朴な疑問として問いかけても、「世間とはそういうものだ」という、なんだかよくわからない回答で納得させられ、「これ以上聞くなよ」オーラで会話が終了してしまう。 したがって、いろいろ勘違い(知識の偏りという意味で)をしたまま育ってしまい、大きくな […]

街でみかけた母の背中

毒親である実家と我が家は極近 そう、私の住まいと毒親の住む家はめちゃくちゃ近所、よく言う「スープの冷めない距離」アッツアツのまま届けられる自信しかない近さ。実家から我が家が見える…近すぎる…全くもって…(よろしければご覧ください→■) 土曜日、買い物の帰り道、前を歩いている人が母だと気がついた。歩を止め、お母さんだ、と思いながら遠くなる背中を眺めていた。 以前の様に心が乱れることもなく、ただ「母だ […]

フラッシュバックに耐える夜を毒母は知らない

複雑性PTSDに悩む日もある フラッシュバックをやり過ごす数日を送っていた。 「楽して行こう|悪性腹膜中皮腫と沼」にも書いたのだが、癌告知の苦痛の記憶なのか、それとも癌告知の毒母の台詞なのか…あ、どっちも2012年です(笑)。 手強いですね、複雑性PTSD。 とにかく、絶えず激しい不安が襲い続け、抗不安薬ではとても太刀打ちできそうも無いと諦めて頓服を飲んで、なんとか感情の荒波が落ち着くまでしっぽり […]

毒について語る夜もあるって話

私は毒親育ちの癌患者 奇跡の9回目の夏がやってきておりますよーん♪リビングも楽しくてウキウキですし。(よろしければご覧くださいませ→■) 自分の思考だけでは煮詰まる夜もある、楽しい会話は脳がリラックスするのかな?頭の中にポンポン楽しい案が浮かんできて実行したくてワクワクが増える。 私は毒親育ちで癌患者。余命2年と言われたけれど、9年目を生きている希少がんサバイバーでもある。 だから子供①が大学生に […]

絶縁宣言したよね?毒母のお花畑過ぎる思考

絶縁宣言したよね?うん、したよ私 えーっとですね、前回投稿した記事「親を憎みたくてこの世に生まれた訳じゃない」でですね、毒親である母と、松一の長女(いとこ)の仲の良さが私の日常に不穏な影を落としそうな嫌な予感がしたので、先回りをして警察に相談しました。 結論から先に申し上げましょう。毒家族と「ちゃんと絶縁した」はずなのですが、毒母が2日前松一長女にこう言ったそうです。 mochiがね何だか知らない […]

絶縁状は、心の安寧のためにね

絶縁状は、安寧のために準備 長年機能不全家族に育ち、毒母の考えそうな事はたいてい予測がつく機能がオプション搭載させている私。 母はね、いろんな言葉であれこれ飾っては老後について話を聞かせてきたけれど、要約すると、独りで暮らす老人は惨めである、ホームに入れらるお年寄りよりは子供に捨てられた負け組、だから私はそんな寂しく惨めな老後は絶対に嫌だと思っている。 だからこそ昔から毒兄に「老後は同居と決まって […]

私は悪くない悪いのは娘、曲げない毒母

※本日の投稿は2020年より10年以上前の洗脳されていた過去の私の話。そうご理解いただける方のみご覧くださいませ※ 私は悪くない、悪いのは娘、 毒親と絶縁、すなわちそれは親を捨てる事、育ててもらった恩を忘れ裏切る行為。 母と会いたくないな、実家に夕食食べに行きたくないな、旅行が憂鬱、そう思う私は母の言う「大人になりきれない娘」、だからそんな事を思うこと自体が我がままな勝手な私なのだ、と。 苦しかっ […]

因果応報、毒親は良い結果を生まない

因果応報、毒親のしてきた結果 因果応報、そんな言葉がいとことの電話で出てきました。 母の実母、つまり私や松一次女にとっての祖母。とてもつもない毒の持ち主だと過去にも綴りましたが、散々母を含む四人の子供を感情で振り回し、私たち孫を心えぐる言葉で傷をつけ、好きなように生きていた、そんな印象のままだった私。 ぽつんといとこが言いました、おばあちゃん幸せだったのかなって。 いとこは生まれた時から祖父母の家 […]

毒親との絶縁後を生きる現在進行形の私の物語

毒親との絶縁後を生きる私の物語 毒親と絶縁する、もちろん簡単な事ではなかった。 くるりと一度まとめてみた、頭の中の整理整頓の作業。 振り返ると、暴言、暴力、兄による虐待、経済的いやがらせ、これがきっと「家庭が息苦しい」原因だったのだろう。 両親との激しい取っ組み合いの喧嘩は、理不尽さに耐えきれず爆発した私の感情であって、支配から逃げたかったのだと今ならわかる。 両親がちゃんと子供の話を聞いてくれる […]

毒親と絶縁に至る私、絶縁後の毒親の反応は。

毒親と絶縁に至る私、絶縁後の毒親の反応 絶縁したのが2017年3月末、だから今年は丸3年と4ヶ月と数日経ちました。 身も心も嘘のように軽やかになり、心は曇りなく晴々と、そして誰からも責められる事なく自分で決断する自由さを知り、現在に至ります。 毒親と絶縁に至った私ですが、居住地は実家と目と鼻の先。結婚が二十代、絶縁が四十代。結婚当時はまさか親と絶縁すると思っていなかったので(笑) 両親と私たちは住 […]

口火はいつだって母、毒母が苛立たなければ争いは起きない

毒母が苛立たなければ争いは起きない お盆がやってきますね、日の並びによっては少ししかないお盆休み。 実家は関東、七月がお盆なのでお坊さんは七月に来ていました。そして家族で巡る恒例のお墓参りも七月、なので迎え火と送り火は本来は七月なのだ。 で・も・ね、お察しの通り八月も行くんです、お墓へ。あ、ちなみに私はお墓参りが苦手です。お盆の最中大渋滞の中、海へ山へ行くだろう荷物を乗せた車に混じり、イライラして […]

毒親と絶縁の一歩目と頭金というしがらみと

毒親と絶縁の一歩目を探していた 毒親との関係に悩んでいた頃、いきなり絶縁とはいかないけれど「一歩目」を踏み出せるかどうか、可能性について考えることが多々あった。 やはり「頭金」を一括返済し「引っ越す」事しか浮かばなかった。この発想がすでに洗脳から解けていない事は今なら嫌と言うほどわかるのだが、あの当時は頭金を返さなければ「自由に引っ越す権利は私に無い」と本気で思っていた。 絶縁したいけれど頭金とい […]

絶縁は心の断捨離、思考回路が変わったよ

毒親と絶縁して4年目、心の断捨離だった 母の傍若無人ぶりは予測がつかず、墓守として孫(私の子供)を養子にしたいなど、なかなかな角度から理不尽かつこれが正しいという自信に満ちた無理難題を私に押し付け、我を通そうしては、度々大きな喧嘩に発展し「冷却期間」を設け、私が許すという不毛なプチ絶縁は何度かあった。 だが決定的だったのは、「もう絶対に無理」なことを母が電話で提案してきて、私が怒りに震えNOと言っ […]

暴力としか言い表したくない毒親の記憶

毒親の暴力の記憶がフラッシュバックする 毒親の放つ心えぐられる言葉や、痛みや、悔しさはやるせなく、でも「思い出しても何の特にもならない記憶」なのに、突然蘇るから困ってしまう。 複雑性PTSDと診断を受け治療をしている。阻害薬を飲み始めてからかなり楽になった。 過去を思い出しちゃったから「今不安になっているんだ」と私が理解できるようになったから、そして不安になるのは過去が辛かったからなんだ、それを知 […]

毒親に洗脳されていた実感と異常さ

毒親に洗脳されていた実感 機能不全家族である父・母・兄と絶縁し3年目となる。 絶縁により毒親である両親を、いや母を、悲しませているだろう罪悪感に揺れ動きマックスきつかったのは正味2ヶ月。この山を超えたらつきものが落ちた感じになっていった。 この罪悪感こそが「洗脳」されていた状態、申し訳ないと「思うように洗脳されていた」のだ。 それを実感するのは、私が希少がん(悪性腹膜中皮腫)とがん告知された日、真 […]

屈託なく生きるはずの子ども時代は私の心身の傷跡

私の心身の傷跡である複雑性PTSD 落ち着いたかな?もう平気かな?そんな風にすっきりウキウキ晴れやかな日もあれば、蘇る黒さが心の真ん中にモヤリンと鎮座してどいてくれない日もあるのだ。 癌細胞と同じで、私が頑張れば、はたまた努力や修行を重ねれば消え去るものではない。 私にできることは、叩いても亡霊のようにしつこく心のドアを無神経に開けてくる「黒」を、再び叩き焼き尽くす作業を繰り返すという「対処」しか […]

毒親の記憶に再び傷つくのはごめんだ

機能不全家族、毒親育ちの 自分の過去をつらつらと綴っているが、この作業は決して過去を未だ「根に持ち」「親を恨んでいる」という現在進行形の気持ちを吐き出しているわけではない。 「毒親と絶縁し自由を手に入れた」事実と、なぜ親を毒親と認識するに至ったか記憶の整理整頓がしたいのだ。 毒親だと認識するまで、 窮屈に思う日も絶望を感じる日もあるが、それでも親子の仲はいい方だと思っていた洗脳による誤った記憶。私 […]

1 3 10