沼編

重い話ばかりが続いていて

すこし、軽い話を書こうかな。 唯一無二を紡ぎ出すもの これが私の大好物。その人の感性にひらりと触れて「グッ」と心に刺さるものが好き。それこそ、その人の人生の経験値から繰り広げられる物語。 心にいつも、熱く拳を振り上げるような「情熱」がほしいのだ。 その人が積み重ねてきた美学 大袈裟な物言いだが、人には自分が築きあげてきた歴史がある。そこにスッとさりげない美学を持つ人に憧れる。 友人のさりげない、優 […]